• このエントリーをはてなブックマークに追加

無痛で胃カメラを受けるなら福岡天神内視鏡クリニック

胃カメラは体の中に器具を入れるので抵抗感があるという人も多いでしょう。カメラをするくらいならバリウム検査の方がいいという方もいるかもしれませんが、バリウム検査を受けたところで、何か病気の疑いがあれば結局はを内視鏡検査をしなければなりません。 内視鏡検査もいまや進化しており、無痛のものもあります。鎮静剤という薬を使った方法です。福岡にある天神内視鏡クリニックは実績のあるところで、安心して内視鏡検査を受けることができます。 しかも、鎮静剤を使ったの方が、下手に力がかからないので、胃を十分に膨らませることができるため、小さな病変も見逃さずに結果を出すことができるという利点があります。ただ、この無痛の内視鏡検査はどの医療機関でも行っているわけではありません。技術を要します。この内視鏡検査と福岡天神内視鏡クリニックについて紹介します。

無痛内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の違い

胃の内視鏡検査の場合は、口からカメラを入れていきます。このときに上手く飲めずに「オェッ」と戻しそうになったり、ゲップがでそうになったりします。いわゆる嘔吐反射といいますが、うまく飲めないと下手に緊張して、喉に傷をつけてしまうこともあります。 そういった問題点を解消するために鼻からファイバーを入れていく経鼻内視鏡検査ができました。確かに経鼻内視鏡だと嘔吐反射はなくなります。しかし、内視鏡の性能という点で言うと劣ります。鼻の管の径と喉の管の径を考えるとそれは容易に想像がつくでしょう。 得られる画像の精度からいうと経口の方が圧倒的にいいのです。無痛内視鏡検査は経鼻のメリットである嘔吐反射のない状態と経口のメリットである画像の鮮明さを実現してくれる方法なのです。

技術者と設備の両方が揃ってこその安心

無痛内視鏡検査はどの医療機関でもできる方法ではありません。鎮静剤を使用するには全身管理が必要であり、経験豊富な医師でなければできません。また、鎮静剤を使うと検査が終わってもまだ体内に成分が残っており、安全のために1時間くらいの休息が必要です。全身管理をするためのモニターや休息場所など設備がきちんと整っていないとできないのです。 福岡天神内視鏡クリニックはまさにその条件の整ったところです。鎮静下内視鏡は患者さんがウトウトとして無駄に力の入らない状態で体内に空気やガスを十分に入れることができるため、消化管のヒダをのばし、小さな病変も見逃しません。 そのため、早期がんの発見率も高く、内視鏡手術で切除が可能な症例が多いのです。もちろん、内視鏡手術も天神内視鏡クリニックで可能です。