• このエントリーをはてなブックマークに追加

鎮痛剤を用いた胃カメラ検査を福岡で受けよう

今日、多くの人が人間ドックなどで胃カメラ検査を受けています。しかし、この内視鏡検査が苦手な人も少なくありません。その苦手意識の殆どは検査時の苦しみとつらさが原因となっています。 この内視鏡検査におけるつらさの要因は『内視鏡スコープが喉の奥に入る際の嘔吐反応』、『内視鏡が喉の奥に触れる際の機械的圧迫感』そして『空気を送り込まれる際に感じる膨張感と胸苦しさ』の大きくわけて三種類が存在しています。 十数年前まではこれらの苦痛を我慢しながら検査を受ける必要がありましたが、現在ではこれらの苦痛から逃れて検査を受けるための手段として鎮痛剤を用いた無痛での検査が多くの病院で行われており、以前のように苦痛を感じながら検査を受けるというケースは少なくなっています。

鎮痛剤を用いた内視鏡検査について

胃カメラ検査(内視鏡検査)と言えば、以前は内視鏡スコープを喉から入れる際の嘔吐反応や入れた後の機械的圧迫感、そして検査中の膨張感や胸苦しさに悩まされる人がほとんどでした。これが苦痛となり、それ以降内視鏡検査が苦手となってしまったというケースも少なくありません。 しかし現在では、嘔吐反応などの苦痛を取り除くために鎮痛剤を用いて内視鏡検査を行う病院が多くなっています。ウトウトと軽く眠った状態で検査を受けることが可能となるため、嘔吐反応や膨張感などの苦痛を感じることなく、気が付けば検査が終了しています。 さらにしっかり胃の中に空気を入れることによって粘膜を伸ばすことが可能となり、わずかな変化も見逃さない検査が可能となるのです。このように非常にメリットが多いと言えます。

福岡で安全に鎮痛剤を用いた内視鏡検査を受けるには

もしも福岡で無痛での内視鏡カメラを受けたいのであれば、インターネットなどでしっかり調べてから受けることをお勧めします。そもそも、全ての病院で無痛での内視鏡検査は行われてはいません。行われていたとしても、実績があり、検査件数が多い医師がいる病院を選択するべきです。 実は鎮静剤を使用するためには呼吸管理などの全身の状態についてのモニタリングが必要になってきます。そのため、無痛での内視鏡検査の経験が豊富で熟練した技術が重要となるのです。 福岡でそのような技術を持つ医者を探し出すには、インターネットで無痛内視鏡検査を行っている病院のサイトを検索する、あるいは無痛内視鏡検査の口コミを閲覧していくことが一番の方法と言えるでしょう。 このような手段によって安全で安心ができる鎮痛剤を用いた無痛内視鏡検査を受けることが可能となるのです。