• このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡で経鼻胃カメラ検査をしよう!麻酔を使用すればより苦痛が少ない

健康診断などで使用される胃カメラですが、経口内視鏡と言われる口から入れるタイプは、いくら小型化が進んだとはいえ、のどに強い嘔吐反射を起こす人も多いです。そのため、なかなか内視鏡検査に対して腰が重く、病気の初期症状を逃してしまうことも多いのです。 最近の内視鏡は画質も良く、明るさも確保されているため、がんなどの発見もごく初期段階から可能となっています。内視鏡検査はつらいというイメージを払しょくすることが出来れば、健康診断で積極的に内視鏡検査を受けてもらうことが広がるはずです。それは病気の早期発見・治療へとつながり、結果として患者さんのためになることでもあるのです。 そんな胃カメラの常識を覆す内視鏡検査が、経鼻内視鏡という新しい器具です。福岡ではこの経鼻による検査を、さらに楽に受けることが出来るクリニックがあります。

経鼻で行う内視鏡のメリットとは

経口で行うのではなく、経鼻で行う内視鏡検査には、いくつかのメリットがあります。人間には咽頭反射という反応があります。そのため経口で行う検査ではどうしてもこの咽頭反射により嘔吐いてしまうことが起こるのです。人によって程度は様々ですが、強く反射を起こす場合は検査自体に後ろ向きになってしまいます。そこで内視鏡を鼻から入れることで、この咽頭反射を起こすことなく検査が出来るようになったのです。 他にも、口が塞がらないことから、検査中に医師と会話をすることも可能となりました。画像をリアルタイムで確認しながら、医師と治療について相談したり、痛みや気持ち悪さなどを訴えることも可能なため、より安心して検査を受けることが出来るのです。 それでも、不安な人には麻酔による検査もあります。

麻酔を利用した検査は、より苦痛を減らすことが可能

福岡には経鼻内視鏡検査を行っているクリニックがいくつかありますが、そのなかに麻酔を使用した検査を行っているクリニックもあります。麻酔といってもごく少量の麻酔を利用する検査法のため、心配はありません。 うとうと眠っているような感覚の間に検査が終了するため、検査に対して恐怖感があるという人にはおすすめです。 麻酔を打ってから効くまでの時間や、検査後の意識がはっきりと戻るまでの時間を必要とするため、通常の検査よりも時間はかかってしまいますが、検査を受けるメリットはそれ以上に大きいものですから、不安がある人はこうしたクリニックで検査を受けるといいでしょう。 また、検査後は麻酔から覚めても車の運転や、機械の操作などはしてはいけないと決められているので注意するようにしましょう。